【働くママは美しい♪】私の一歩がこの子の一歩になる。

働く若ママ・シングルマザー応援!!ツバキファースト店の充実の【育児応援制度】のご紹介♪

☆バナーをクリックして頂きますとより詳しい説明動画(公式YouTube)に飛びますので合わせてご覧頂けれればと思います☆

シングルマザー&働くママ(ワーママ)さんが風俗のお仕事をする事のメリットをご紹介♪

やはり風俗で働く以上は『お金』を稼がなければ意味がありません。
子供の保育園の送迎の合間、4時間の出勤だとしても、一回の出勤で30000円平均で稼げるとしたら、どうでしょうか?

風俗店は子供が学校に行っている時間帯で、昼職よりも充分に稼ぐことができます。

昼職の場合、午前9時〜午後5時まで実働7時間、時給1,000円で働いた場合、日給は7,000円です。

一方で、

風俗店なら60分コースのお客さん1人を接客するだけで8,000円〜1万円以上稼げます。

もし1日に2人しかお客さんの接客をしなかったとしても、昼職の2倍は稼げます。

忙しい日はそれ以上に稼げるので、限られた時間だけでも充分な給料を得られるのです。

週に3回、一回の出勤で30000円で、一か月で36万円の収入がゲットできるわけです。

普通の正社員のお給料よりも稼げちゃうわけですね。しかも短時間に、週3日で。これがやはり最大の魅力となります♪子育てをするだけでもストレスがたまるのに、お金も無かったら心に余裕が無くなってしまいますね。なので普通の主婦の子や、シングルマザーの子たちは楽しく働いている子が多いです。

正社員などの社会的地位や肩書、信頼ももちろん生きていくうえで必要でしょうが、それよりも目の前の子供に満足にご飯を食べさせてあげたい、綺麗なお洋服を着せてあげたい、そんな思いのシングルマザーのお母さんが多いのでは無いでしょうか?
風俗のお店は、女性に対してとても優しいお店です。
特に小さい子供がいると分かったうえで働くとなった場合、面接の際にそのことを伝えておけば、お店側も理解してくれます。保育園に子供を預けてからお迎えまでの3、4時間の出勤だって、お店側にとっては全く問題ありません。

『子供が急に熱を出した』そんなハプニングも、小さな子供の子育てにはつきものですよね。その辺りも、お店側にきちんと伝えれば何の問題もなくお休みが取れます。
そして出勤中に保育園からの緊急連絡で帰らなきゃいけない場合も、お店側には理解があるので気まずい思いをすることなく早退ももちろん可能です。

普通の会社やパート先だと、意外と難しい問題ですが、風俗店だと全く問題がありません。
働きながらも気まずい思いをするより、小さな子供がいることをきちんと理解してもらったうえで、なおかつ短時間で高収入を稼げる風俗は、シングルマザーさんたちに人気があるのです。
小さな子供がいながらのお仕事探しは、とても大変ですよね。子供のいるママのお仕事といえばパートのお仕事が多いですが、それでも週3、4回は出勤しなければいけないし、シフト制で決まっているので、融通が利きにくいです。働く上で当たり前なことだとはいえ、小さな子供がいるうちは、子供の突然の熱などできちんとお仕事できる状態ではありません。

しかし風俗のアルバイトの場合は、完全自由出勤です。
例えば今週は頑張りたいから週4、来週は子供の保育園の用事もあるし、週2が良いかな♪
という具合に、曜日も出勤日数も出勤時間も、完全自由にシフトを決めることができます♪これは子供のいるシングルマザーにとってはとても大きなメリットと言えそうですね♪
医師や弁護士、会計士など、一般的に高収入の仕事は学歴や難易度の高い資格試験の突破が必要になりますが、風俗に関しては学歴や経歴はまったく不要です。

未経験、無資格でも働ける上に、昼間の一般的な仕事よりも高収入が可能です。
最近では熟女系の風俗店の勢いが増しているため、30~50代からでも未経験で風俗デビューする女性もいます。未経験・無資格の上に年齢に関する心配も少ないところは大きなメリットといえるでしょう。
正社員であれば週5日、フルタイムで8時間と残業、短時間勤務でも週5日5時間前後の出勤、もしくは在宅でのお仕事が必要になります。
一方、風俗でしっかり稼げれば週3日間6時間の出勤以外は自由時間で子どもと一緒にいてあげられます。
保育園に預ける場合でも早めにお迎えに行ってあげられますし、小学生の子供に鍵を渡して自宅で留守番をさせる必要もありません。
時間を調整すれば、帰宅時間には家にいて出迎えてあげられますよ。
母子家庭に行政が優しいとはいえ、学費の免除や少額の支援だけでは正直成り立ちません。
進学先が私立の高校や大学だったら…?成人式、入社祝い、結婚のお祝いなどなど…。

子供を育て、自立させ社会に送り出すまでには果てしない金額が必要になります。

子供自身に苦労はさせたくない、大学まではお金の心配なく自由に選択させたいと思う母親は多いです。
しっかり稼ぎ、子供の将来のために、自分の将来のために貯蓄を確実にすることが出来ます。
そのほかにも、マンションや家を購入し資産を持っておくこともできますね。

やっぱりシンママは大変?シングルマザー&働く(ワーキング)ママの厳しい現実